【ポケモン】魔神ドータクン

f:id:NoName_774:20151215005415j:image

封印されし魔神のドータクン。「ふういん」とは自身を「ふういん状態」にする技。「ふういん状態」のポケモンがいる限り、相手は「ふういん状態」のポケモンが覚えている技を使うことができない。

 

f:id:NoName_774:20151214200340p:plain

f:id:NoName_774:20151214203815p:plain

 

f:id:NoName_774:20151214200615p:plainf:id:NoName_774:20151214200537p:plainf:id:NoName_774:20151214200910p:plain

環境トップのガルーラガブリアスにタイプ相性で有利。地面技が抜群だが、相手は特性ふゆうを前提に動くため、特性がバレる前に「じしん」を「ふういん」できる。技そのものを使用不可にするため、かたやぶりドリュウズの「じしん」も許さない。
・A177メガガルーラほのおのパンチを確定で3耐え(26.5~32.3%)
・A194メガガルーラすてみタックルを確定で2耐え(35~41.3%)
→反動(14.4~17.7%)+ゴツメ4回(66.7%)+じしん(24.3~28.7%)で確殺
・A182ガブリアスげきりんを高乱数で4耐え(21.9~26%)

 

f:id:NoName_774:20151214201129p:plainf:id:NoName_774:20151214201112p:plain

炎技が等倍になったことにより、メガバシャーモも役割対象となる。ヒードランに対しては不利だが、最低限の仕事はできる。因みに、A特化でもヒードランへのじしんは中乱数(68.8%(確率))1発。ヒードランの突破にこだわるならこの型じゃない方がいい。
・A233メガバシャーモフレアドライブを余裕をもって耐え(56.6~67%)
→反動(20.6~24.5%)+ゴツメ1回(16.1%)+じしん(61.9~73.5%)でほぼ確殺
・H193-B127ヒードランに対してじしんが確定2発(80.8~95.3%)
→残飯回復2回込でも中乱数(43.8%)でみがわりが使えない
・C151ヒードランマグマストームを確定で2耐え(35.8~42.7%)
→定数ダメージ(12.1%)1回まで確定耐え。2回(24.2%)入ると中高乱数(77.7%(確率))で落ちる。マグマストームを1発でも避ければ勝てるので、勝率は五分五分
・C151ヒードランだいちのちからを超高乱数(98%(確率))で2耐え(42.7~50.8%)
 

f:id:NoName_774:20151214201234p:plainf:id:NoName_774:20151214201338p:plainf:id:NoName_774:20151214201357p:plain

回復技を「ねむる」に頼ったスイクンニンフィア、てんねんピクシーを毒殺可能。どの技が封印されたかは、こちらが技を見せるか、相手が封印された技を選択することでしかわからない。「ふういん」を押した後「ねむる」を使わずに隠しておくと、相手は「ねむる」が使えないことに気付かないため、毒死寸前まで悠長に積んでくれる。
・C111スイクンねっとうを確定で4耐え(20.8%~24.8%)
→やけどを考慮すると3耐えが限度。やけどの定数ダメージは特性によって半減されるため、ここから特性がバレることもある
・C131ニンフィアハイパーボイスを確定で4耐え(17.9~21.3%)
・C178ニンフィアの眼鏡ハイパーボイスを確定で2耐え(36.4~43.3%)
→有効打がないため眼鏡ニンフィアには勝てない
・C115ピクシーのムーンフォースを確定で6耐え(12.7~15.6%)
→いかに早くどくどくを当てるかの勝負
 

f:id:NoName_774:20151214225004p:plainf:id:NoName_774:20151214225041p:plain

メガゲンガーギルガルドには勝てないが、削るくらいはできる
・C222ゲンガーとギルガルドシャドーボールを確定で耐え(82.7~97.7%)
・H167-B100メガゲンガーに対してじしんが確定2発(57.4~68.2%)
・H167-B70ギルガルドに対してじしんが確定2発(81.4%~97%)